世田谷 区 避難 勧告。 世田谷区災害・防犯情報

世田谷区の防災・災害時のお役たちリンク集

災害・防犯情報メール配信サービス 23区内で震度3以上の地震が発生した場合や、世田谷区内で大雨・洪水・大雪の警報などが発表された場合、地域の防犯に関する情報、区内の河川の水位が基準値を超えた場合、災害時の緊急なお知らせなどをメールで配信するサービスです。 西武は池袋本店、渋谷店、東戸塚店、所沢SC)、高島屋の関東・東海の全10店(日本橋店、横浜店、港南台店、新宿店、玉川店、立川店、柏店、高崎店、岐阜店)、Jフロントリテイリングの大丸東京店と松坂屋上野店は、いずれも午後2時から営業する方向。 地域振興課、街づくり課• 周辺地域に火災が発生し、延焼の危険があるとき 地震が発生したからといってただちに避難するというものではありません。 地域振興課、街づくり課• 東京都世田谷区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ! 世田谷区の防災情報です。 まず、一時集合所に集合し、防災区民組織の班長や事業所のリーダー等を中心に周囲の状況を確認します。 以下、区長のツイッターにあるように19時前には満員状態。 地下施設、マンホールに注意 地下室に水が流れ込み、水圧でドアが開かなくなるなど危険がありますので、大雨時の入室は避けましょう。

Next

世田谷区を中心に全員避難情報…台風19号の被害がヤバすぎる

世田谷区防災気象情報 世田谷区が、気象情報会社と契約して提供している地域に特化した気象情報です。 避難指示 避難指示(緊急)。 広域避難場所のエリア図、避難割当て地区が掲載してあります。 世田谷区が公開しているハザードマップでは、そのような情報を得ることが出来ます。 医療救護所一覧 指定避難所のうち、20か所を医療救護所として指定しています。 烏山小学校• 避難勧告等とは 避難勧告等には、「避難準備・高齢者等避難開始」、「避難勧告」、「避難指示(緊急)」があります。

Next

世田谷区の防災・災害時のお役たちリンク集

昨夜は世田谷区内でも大きな被害が出ました。 世田谷総合支所地域振興課地域振興・防災(1階)• 用賀中学校• 従わない場合、罰金または拘留の罰則が科せられます。 帽子 ヘルメットや防災ずきんがよい)• 町会・自治会・事業所単位で、集団で行動しましょう。 それってどのくらいのレベルなの?というと『速やかに避難先へ全員避難』です。 大きな台風被害となりました。

Next

東京都世田谷区の避難所!大震災で自宅に住めないときはココへ!

火災が発生している場合の避難については、 風向き等を考慮して臨機応変に行動する。 当ライセンスは、上記対象データのみに適用されますので、それ以外のデータについては、当区ホームページにおける著作権の取り扱い()に準じてください。 土砂災害ハザードマップは、土砂災害警戒区域、土砂災害特別警戒区域と避難所を地図上に示したものです。 警戒レベル3になった。 多摩川の氾濫 多摩川の水位が上昇し、氾濫の危険性が高まった場合、危険が及ぶ可能性のある地域(洪水ハザードマップに記載の浸水想定区域等)に対して避難勧告等を発令します。 いつでも避難できるよう、非常用持ち出し品を用意し家族や近所の人と連絡を取るなどの準備をしましょう。 避難の方法 地震が発生したら、区民や事業所が協力して出火防止、初期消火に全力をつくすこと重要です。

Next

広域避難場所、避難所等一覧

九品仏小学校 防災メモ 街路消火器について 世田谷区では、 震災時だけでなく平常時での火災に対しても初期消火活動が行えるよう、 約6,000本の街路消火器を主要道路や避難所周辺に設置しています。 この点も改善を求めていかなければなりません。 元々川だったところとかも危ないみたいだよ。 世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版・全区版)について 世田谷区では、区民の皆さんに区内における水害に関する情報を提供し、事前の備えに役立てていただくこと等を目的に、浸水の予想される区域や浸水の程度、避難所等の情報を記載した世田谷区洪水ハザードマップ(多摩川版、全区版)を作成しています。 町会・自治会が、地域の公園や広場、学校などを指定しています。 停電情報 東京電力が公開している世田谷区内での停電発生状況です。

Next

世田谷区の防災・災害時のお役たちリンク集

以下の内容は、 世田谷区ホームページより抜粋して記載しています。 世田谷区洪水ハザードマップ 世田谷区では、浸水が予想される地域とその程度、避難所などをまとめた「世田谷区洪水ハザードマップ」を作成しています。 お年寄りなどの避難に協力を お年寄りや子ども、病人、障害のある人は、早めの避難が必要です。 人的被害の危険性が非常に高い状況です。 世田谷区災害・防犯情報メール配信サービス• 避難するときに気をつけたいこと 避難にあたっての服装 避難するときは、傷や、やけどを負わないよう、できる限り夏でも長袖、長ズボンを着用するようにしてください。 。 土砂災害ハザードマップをご活用いただき、自宅周辺の地理や避難所の位置を確認し、家族で話し合っておくなど、日頃からの備えをお願いします。

Next