オルトラン 粒 剤 使い方。 バラの病気と害虫を、市販の農薬で防除する方法

オルトラン粒剤:野菜・花のいろいろな害虫や畑の虫に効く

「オルトランDX粒剤」は水に溶けやすいので、 すぐに水に溶けて土の中に染みこんでいきます。 * てんさいの育苗期の灌注は薬液が茎葉に残っていると薬害を生じることがあるので、軽く散水 0. エアゾール剤• 使い方は、種まき時、定植時に植穴に撒くか土壌混和して使います。 マルハナバチを利用する場合、本剤使用後 20 日目ごろより後に導入すること。 予防治療薬• 虫が葉や根をかじり成分を摂取することで駆逐されるという仕組みです。 * ミツバチに対して影響があるので、以下のことに注意すること。 害虫防除の基本は予防することにあります。

Next

オルトランDX粒剤

土壌処理や葉面散布によってアブラムシ類やアザミウマ類などの吸汁性害虫のみならず、ヨトウムシ、アオムシ、コナガなどの食害性害虫まで広く同時に防除できます。 * 優れた殺虫効果と長い残効性により、促成施設栽培では植穴処理をすることにより、施設のサイドが開いていてまだ天敵を放飼できない期間、害虫の初期発生を予防してくれます。 作業後は直ちに手足、顔などを石けんでよく洗い、洗眼・うがいをするとともに衣服を交換すること。 (その上に「劇」「特毒」という、もうワンランク毒性の高い基準があります) 農薬・殺虫剤という製品の特性上、 むやみやたらにたくさん撒いたり、撒いた直後にお子さんやペットがその場所で遊んだりするのはNGです。 使用上の注意点 総使用回数は年間4回以内 メーカーの住友化学園芸のサイトによると、 花き類、観葉植物への総使用回数4回以内という表示があります。 アリ退治• 除草剤を水で希釈します(薄めます)。

Next

オルトラン粒剤

農家にはおなじみの農薬で、昔から使われておりホームセンターなどにも置いてあるので手軽に購入できます。 また、誰でも使いやすく人気のある農薬なので、ホームセンターやインターネットなどで気軽に購入できるのも魅力のひとつです。 オルトランを吸わせる方法は2種類あります オルトランには 液剤と 粒剤があります。 * 高い浸透移行性により作物のすみずみに行き渡り、害虫をむらなく防除します。 オルトラン粒剤は、価格が比較的手頃であり、散布する対象が少量である家庭菜園向きの農薬です。 葉が全て食われても散布は行って下さい。

Next

オルトラン粒剤の簡単な初歩や基本的な使い方・利用方法・仕様方法・やり方

保管は厳重に 農薬全般に言えることですが、 カギのかけられる場所で厳重に保管してください。 体調の悪いときに使わないようにしましょう。 安全使用・保管上の注意• 体調の優れないときは使用しない 目に入らないように注意する 散布するときには、ゴム手袋などを使用する オルトランDXを撒いているときや撒いた当日は子どもやペットが近づかないようにする ミツバチや蚕に影響があるので注意 独特な臭いがする メーカーのサイトには表記がありませんが、 「独特の臭い」がします。 使用する側にとっては効果に違いはありませんが、様々な事情があって水和剤と液剤があるんですね。 あまり除草剤を撒かない方や、年に数回しか散布しない方はジョウロで良いでしょう。 一見、アセフェートの濃度は水和剤の方が高く、希釈倍率も1000~2000倍であることから水和剤の方が強い薬剤であるように思いますが、同じ倍率で希釈すると濃度は変わりません。 この理由の他にも、水和剤と液剤の2種類があるのには「パッケージングの違い 液剤は大きく保管場所をとる 」というのもあるでしょう。

Next

毛虫発生予防に!ツバキの木にオルトランを吸わせる方法を詳しく説明します

5〜4L)あたり50g 本剤の所定量をセル成型育苗トレイまたはペーパーポットの培土に均一に混和する。 * 直射日光をさけ、なるべく低温で乾燥した場所に密封して保管すること。 バラの株元の土に粒剤を撒いて水やりするだけ。 薬剤を確実に害虫に付着させるには、ダインと言う展着剤を薬剤に混ぜて使用 します。 * 使用の際は農薬用マスク、手袋、長ズボン・長袖の作業衣などを着用すること。

Next

オルトランの効果、使用法?

あるいは、定植した苗の茎が食いちぎられて、翌朝枯れていた。 どっちが効くの?」あまり違いはないようです。 樹木が作物登録されていても、ハマキムシには有効では無い時は使用する事が 出来ないと法律で厳しく制限されています。 「2つの浸透移行性殺虫成分でしっかり退治」-住友化学園芸. 成分の安全性は? オルトランに含まれている「アセフェート」は、有機リン系の成分です。 今年、はじめてオルトラン粒剤を使用しました。 その後3週間ほど経ちましたので状況をまとめておきましょう。 芝のスジキリヨトウ、シバツトガ及びタマナヤガの防除に使用する場合、散布後10a当り500〜1000Lの散水処理は有効である。

Next

オルトランの使い方と特徴|GFとDX粒剤・水和剤と液剤の違いや毒性について

少しでも、効果的な方法をアドバイス頂けたら嬉しいです。 消臭剤・忌避剤 消臭剤 忌避剤• 風向きによっては 自分が吸引してしまう恐れもあります。 かんきつ(苗木)の株元に散布するだけで、ミカンハモグリガを長期間防除します。 なお、病害虫防除所等関係機関の指導を受けることが望ましい。 * さくらに使用する場合、夏期高温時には薬害を生じるおそれがあるのでさけること。 しかし、噴霧器と比べて水の粒が大きいため、葉の上を滑ったりして無駄になる量が多いです。 散布後約1ヶ月経過すれば農薬成分はなくなりますが作物によってその時期は異なりますので、詳細は説明書を確認してください。

Next

毛虫発生予防に!ツバキの木にオルトランを吸わせる方法を詳しく説明します

Amazonの情報を掲載しています• 商品は上の200gボトル入りの他に、バラの絵のついた300gボトル入り、1kgの袋入りもありますが、どれも中身は同じです。 オルトラン粒剤は水分を吸うと殺虫成分が浸透します。 葉が茂る前です。 Amazonの情報を掲載しています 液剤タイプの除草剤は「濃縮」と「希釈済み」の2種類があります。 とくにバラは野菜などの食べ物とは違い、残留農薬も考えなくていいので気軽に使えます。 ちなみにオルトランは、農林水産省の農薬の基準で、毒性が「普(普通)」とされています。

Next