本田宗一郎 名言 英語。 ホンダ創業者本田宗一郎の名言や格言【英語付き】失敗にも意味を持たせ奮い立ちましょう

本田宗一郎の名言

-本田 宗一郎- 夫婦とは、多種多様の秘密を共有する人間関係である。 本田宗一郎の名言 とかく他人にきびしく、自分自身に寛大なのは凡人の常だ。 自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。 1923年 大正12年 、榊原氏は弟の真一氏と宗一郎たちとともに、レーシングカーの製作を始め、その翌年の第5回日本自動車競争大会に、真一氏が操縦士、宗一郎が同乗機関士として初出場しました。 」 20世紀の日本を代表する偉大な技術者・経営者、本田宗一郎の人生とその言葉から、現代の私たちも多くのことが学べます。

Next

本田宗一郎の名言を胸に。F1に挑む日本人メカニック秘話。

トヨタ自動車グループの会社で労災事故が起きると、「被災者は標準作業どおりに仕事をしていたのか」ということがまずは調べられるそうだ。 1945年に「人間休業」と称して1年間の休養をとった後、翌年に「本田技術研究所 旧 」を設立。 (昭和11年) - 第1回全国自動車競走大会()に、に自作のターボチャージャーをつけたマシン で弟の弁二郎 とともに出場するが事故により負傷、リタイアを喫する。 2019年1月1日閲覧。 が東海精機重工業に出資、自らは専務に退く。 そうすると、過去がどんなに偉かった経営者でも、会社をつぶすことになります。 - 本田宗一郎 - 9.名言・格言 進歩とは反省の厳しさに正比例する。

Next

HONDAの創業者・本田宗一郎の名言

人間はやろうと思えば、 大抵のことは出来るんだから。 スポンサーリンク No. 本田宗一郎のプロフィール 1906年に静岡県浜松市で鍛冶屋の長男として生まれた、本田宗一郎。 本田宗一郎の名言 少しでも興味を持ったこと、やってみたいと思ったことは、結果はともあれ手をつけてみよう。 のれん分けで浜松に支店を設立 1928年4月、21歳で丁稚奉公を終えた本田宗一郎は、故郷の浜松に戻り、アート商会浜松支店を設立しました。 失敗を乗り越えた先に得た充実感や達成感は、困難であればこそ、より忘れられないものになったことでしょう。

Next

本田宗一郎の名言を胸に。F1に挑む日本人メカニック秘話。

「」も参照• しかし、本田は自らも技術者であったため、油まみれの手での握手に喜んで応じた。 腹が立つ。 当時の表現では「丁稚奉公」です。 失敗が人間を成長させると私は考えている。 ものごとは、みんなが知恵を出し合うことによって、どんどんいいものになってゆくことが多いんです。 顔つきが変わってしまうほどに打ち込んでいたといいます。 。

Next

【本田宗一郎の名言・格言散歩】成功への道を歩むための発想の秘密

-本田 宗一郎- 芸術でも技術でも、いい仕事をするには、女のことが分かってないとダメなんじゃないかな。 修理の腕の良さはもちろんですが、その発明家ぶりもすごいものでした。 今後もよろしくお願いします。 1、2、3の指の本数は所属するカテゴリーのF1、F2、F3の意味。 -本田 宗一郎- 企業で一番怖いのは社長の無知です。

Next

本田宗一郎の名言集

」 本田宗一郎の名言・格言 22 :「我々は、最初から苦しむ方向をとったから、あとは楽になった。 -本田 宗一郎- はんぱな者どうしでも、お互いに認めあい、補いあって仲よくやっていけば、仕事はやっていけるものだ。 「チャンスを待つのではなく、とにかくチャレンジしてほしい。 失敗しても良いんだ!それなら挑戦してみよう!という意欲が湧いてきます。 この頃に今のホンダの基礎が作られたと言えるでしょう。 本田宗一郎の名言その18 抵抗 伸びる時には必ず抵抗がある。

Next

本田宗一郎

『本田技研、韓国での二輪車合弁事業を解消、起亜産業から資本撤退』 - 日経産業新聞 1979年9月24日• 本田宗一郎の生涯 1906年(明治39年)11月17日、本田宗一郎は現在の静岡県浜松市天竜区にあった鍛冶屋の長男として生まれる。 常にマスコミからは身を隠して来た人物です。 不況、不況と言う前に、もう一度自分自身を、あるいは経営者なら会社を「総点検」してみるといい。 本田宗一郎の名言・格言 1 :「人生は冒険、仕事も冒険、そして生きるのも冒険だ。 「何を捨てるか」、これは仏教においても、公案の重要課題となっています。 ホンダF1チーム監督であった中村良夫は、「結局、本田社長はもっとも基本的な熱力学の物理法則を理解していないので、いくらいっても論争がかみ合わないのです」「人間としては尊敬できるが技術者としては尊敬できない」と語っている。 本田さんはモノ作りはうまいが資金繰りがうまくなく、代金が回収できなくなることもしばしば・・・ そんな中出会ったのが、1949年に後の副社長となる「藤沢武夫」です。

Next