進撃の巨人 121。 進撃の巨人ネタバレ最新121話確定【エレンとジークのタイムスリップ】

進撃の巨人【121話/未来の記憶】最新話あらすじネタバレ!

二人の兄の感情は? タイトルの通り「兄と弟」の話でした。 ユミルを超えてはならず、継承して13年後には必ず死にます。 外の世界がどうなっているのか、何も知らずに一生壁の中で過ごすのは嫌だとエレン。 ジークは、何より始祖は一度この土で俺の下半身を修復して俺を生き返らせたといいます。 そして、このサイトは何気に「 最終回」というフレーズを登場させてて、それを否応なく意識させてくれます。

Next

【ネタバレ】進撃の巨人 122話『二千年前の君から』 あらすじと感想

マーレの主張「民族浄化が約1700年間続いた」• 非常にメタ的な立場から、物語・歴史を動かしていたということ。 未来と過去が接触したようです。 その際に、ユミルの両親は殺された(舌を切られている描写あり) という感じかと。 1572. あの時点では自分が父親に囁かなくてもレイス家ほぼ皆殺しは起きる(すでに起きた事実が変わることはない)思ってたってだけかな。 この衝撃をジークはどう受け止め、どんな行動を選択するのだろうか、、。 けど、王家と接触することにより座標が開き進撃の巨人の力が発動したように思えます。

Next

【進撃の巨人】30巻121話・122話の展開を予想!!【旅は続く】

グリシャは赤ん坊のエレンを抱きかかえていて、その傍にはカルラの姿もありますね。 怒りの表情を見せるエレン。 今回の進撃のセールもワンボタンで28冊一気に読めるように便利にできてたら、もっと読んでみる人は増えると思うんだけど、どんな感じなんでしょうね。 エレンがジークに伝えたい方向性に進んでいくような展開になっていくのではないかなと考えます。 — ナガト アース調査兵団兵士 nagatoshingeki 120話公開時に上👆のようなツイートをしたのですが、ジークが救われた気がして嬉しいですね。

Next

【進撃の巨人】30巻121話・122話の展開を予想!!【旅は続く】

上で議論してるのは、女型が叫んだのはリヴァイの挑発がなくてもそうなってたし、ジーク殺しきれなかったのも完全にリヴァイの落ち度ではないんじゃない?って意見でしょ。 まー「あと一年くらいで終わる!」とは考えにくいんですが、こういう演出からは「 終わる終わる詐欺じゃないよ!」という強い意志を感じます。 ただ、理由もわからず巨人に食われることが贖罪だというのか? 自分達がいくら反省した所で、エルディア人が奪った人類の命を戻すことはできないとフリーダ。 ジークにとっては今まで確信してた 「親父が黒幕」説が完全に否定された瞬間なわけで。 そのジークの表情を、エレンは見ていました。 『これは絵ではない』 『これは被写体の光の反射を特殊な紙に焼き付けたもの、写真という』 『私は人類が優雅に暮らす壁の外から来た』 『人類は滅んでなどいない』 写真の裏になど書かずに、写真が差し込まれた隣のページに書いた方が、よほど自然な内容です。 すると、その洞窟中は大きな落とし穴のような地下水への入口があった。

Next

進撃の巨人ネタバレ最新122話確定【明かされた新事実】

人類の希望だと思って仲間達が命を捧げてきたエレンは実は悪でした ってあまりにも辛すぎだけど、今までずっと仲間の意思に従ってきたリヴァイがここで初めて自分の意思で、エレンを悪だとみなし、戦うっていうのが、リヴァイ も何かを乗り越えてる感じがするし、辛いけどありな展開だなって。 悲しい時代です。 「巨大な力に対し 人はあまりにも弱い」 「私は巨人大戦の悲劇で悟りました」「誰かが人の手から巨人の力を守らねばならないと」 「再び始祖の力が弱き者の手に落ちるなら」「再び世界は地獄と化す」 「世界を守るためには…我々は罪を受け入れ」「滅びゆく他無いのです…」 ジークがエレンに言います。 ジークよ、救われてくれ。 そして、始祖ユミルに自らの願いを言うと、鎖につながれているにも関わらずエレンはそれを止めるように、始祖ユミルに向かって走り出します。

Next

【進撃の巨人】30巻121話・122話の展開を予想!!【旅は続く】

グリシャは自分の目でジークを見たのではなく、この時のエレンの目を通してジークを見たのではないでしょうか? エレンが幼児だった頃、すでにグリシャはレイス家の礼拝堂の地下室を見つけていました。 エレンが父さんを、壁の王や、世界と戦うように仕向けたのか?と、エレンに聞くジーク。 「オレは生まれた時からこうだった」 エレンは父親に洗脳されているわけではない、と分かったジーク。 5秒前後ってとこだろう。 名無しのお前らが進撃してくる!• >> そして、自分たちの父親である、グリシャのことを語るエレンとジーク。

Next

【122話】進撃の巨人最新話までのネタバレ考察【30巻(最新刊)】

で、普通なら不戦の契りで捉えられてしまうのかな。 条件が揃うと 極限状態になると 高い身体能力を発揮する• しかし、エレンの発言で 「自分は自分の自由意志で選択して良い」と気づいた。 >> しかし、今回では1話の伏線回収があったのでは!?という声があります! >>進撃の巨人121話で、1話の伏線回収があったのか!? 今回も、グリシャのジークに対する愛情が垣間見れるシーンがたくさんありました。 少し場面(記憶)が変わります。 しかしエレンは何も言いません。 エレンは洗脳せれていなかった ジークの記憶の旅ですが、エレン9歳まできました。

Next

【122話】進撃の巨人最新話までのネタバレ考察【30巻(最新刊)】

進撃の巨人ネタバレ最新話131話考察 ミカサを遠ざけるため? 時折ミカサに現れる、突発性の頭痛。 次回、始祖ユミルが何者なのか、マリア、ローゼ、シーナの由来などが明らかになります。 そこで妻と息子と娘と暮らしている。 どちらの意志が反映されるのでしょうか? これについては108話にてアルミンから 「エレンが主導権を握る」と予想されていました。 もっとお前との時間を持つべきだった。

Next