ことり プラモ。 プラモ?フィギュア?ことりちゃんのプラモ

『ラブライブ!』のプラモデル「フィギュアライズラボ 南ことり」がAmazonで予約受付開始!衣装には多彩な技術を駆使!

白はピュアホワイトで塗装しています。 トップスの刺繍の造形もすばらしいです 作り込みのすごさが伝わっているでしょうか? 繰り返しになりますが、とてもプラモデルとは思えません……。 その衣装に進む前に、脚周りを組み立てていくのですが……おそらくプラモ好きな方でも組み立てたことがないと思われるパーツを作ります。 素材は市販のメタリックシールを使用しています。 すでに何層ものレイヤーにより成形されています 「レイヤードインジェクション」とは、ひとつのパーツに何色ものレイヤーを重ねてインサート成形する技術。 しかも、2019年の第59回全日本模型ホビーショーにて、イメージガールに就任された際に描き下ろされたイラストが初の立体化ということで、ファン心をくすぐる選定になっています。

Next

プラモ?フィギュア?ことりちゃんのプラモ

以上、レビュー紹介でした! ,. 最近なら、数年前、オルフェンズ(の最新作…ビルドファイターズはの話しと置いといて)で受かりましたよ、バルバトス。 こちらも透過技術により、半透明の素材と通常素材を巧みに組み合わせることで、透明感のあるグラデーションに仕上がっていました。 最新技術の「レイヤードインジェクション」や「透過技術」を駆使して、フィギュアを超える質感を持ったプラモデルとなっています。 お部屋に飾るときはしっかりと場所を確保しましょう。 STAR TREK is a Trademark of Paramount Pictures. このように上の層の厚みを調整し、下の色を透けさせます 透過技術により、肌の血色を自然に再現した第1弾「ホシノフミナ」のヒップ部分 半透明素材と不透明素材を使った透過技術で、美しいグラデーションを表現した第2弾「初音ミク」の髪 第3弾の南ことりは、顔部分にこの技術が使われています。

Next

フィギュアライズラボ 南ことり (プラモデル)

クロー部分は肉抜き穴を埋め、各エッジをとがらせ、一部装甲を段落ち致しました。 布部分はマットに、手に持つ風船はツヤツヤにと、それぞれの素材に合った質感が表現されています。 ブリスター状態で。 背部は偏光パール素材によりオーガンジーの繊細な光沢を、スカートは3枚の層を成してボリューム感のある美しいグラデーションを、それぞれ表現。 大人でもディズニーのダッフィーとかにハマるでしょ。 そしてここに変態技術の進化ともいうべきこだわりが隠されておりました。

Next

Figure

のことりちゃんのプラモについて、でツイートを見た。 これをひとつのパーツでやってのけるのがすごいところ。 輝く瞳は光彩のエッジを丸くすることで作中のようなぼかしを再現。 それに、いつかはで集まる時代もくるかも。 レース部にはシボ加工を施し、刺繍の密度による透け感の変化を再現。

Next

南 ことり作成日誌w

ノイエ・ジールらしさを残しつつことりちゃんカラーを全面に出しております。 ほかにも、レイヤーを何段かに分け、重ねるクリアパーツの厚みの違いによって色の濃淡を調節するなどの工夫が施されています。 スティック部分がパージするようになってます。 ハイライトも劇中そのものですね ツヤツヤのハート型風船。 自分にとって必要かどうかと使い分けとかはプラモ、ゲート処理とかでどんな感じかググるといい。 jpでの販売価格:7,150円(税10%込)• 今回は4色のレイヤーでひとつのフェイスパーツが成形されています。 jpの販売ページが開きます。

Next

【ラブライブ!】南ことり プラモデルが可愛すぎると話題!

このことりちゃんがフィギュアじゃなくて、プラモなのは、やはり、プラモらしく各パーツがある。 横、後ろから見た全体像はこんな感じ。 もちろんそれも塗装ではなく、成形時にエッジに丸みを持たせることで再現。 でも、猫に秒で壊される。 マジで可愛い!ただ、ウチの猫が壊しそう。 完成するとまるでフィギュアで、本当に自分でこれを組み立てたんだろうか? という不思議な気分に。

Next

全力組立 1/550 ノイエ・ジール ラブライブ 南ことりイメージ レビュー

フィギュアと違うのかと。 完成品しか見た事ない人は、違いなんて分からないよ?と、思ったら、ぜひ、通販ではなく、オモチャ屋に行って欲しい。 jpでの取り扱い開始日:2019年9月27日• 発売元:BANDAI SPIRITS• 大体、展示されてるのは、着色済みの完成品ね。 見る角度や光によって色合いが異なり、とても美しいです スカートは、中にパニエが入った3段仕様。 今回選ばれた「ラブライブ!」の「南ことり」は、多くのフィギュアが発売される人気キャラですが、プラモデル化はこれが初。 レース部にはシボ加工を施し、刺繍の密度による透け感の変化を再現しています。 ハマると服を集めたり、小物作ったり。

Next