ガンダム マーカー ex。 ガンダムマーカーEX シャインシルバー 比較

素組みでガンプラ!ガンダムマーカーエアブラシシステムを使ってEx

では、新色のコスモメタブルーです。 GSIクレオスの「ガンダムマーカー」 目次 ガンダムマーカーはフェルトペン感覚 模型店で簡単に入手できるガンダムマーカーはペン型の模型専用塗料で、フェルトペンと同じような感覚で手軽にプラモデルを塗装することができる。 『メタリックセットブルー』 写真で見るとわかりづらいですが、 肉眼では金属色が強く明るめの青に見えます。 しかし、ガンプラをただ組み立てただけだと、表面はテカテカしたプラスチックの質感そのものでどうにもオモチャっぽい。 同じテイストと同じ位置で紫のグラデーションラインを揃えるため、安全策としてマスキングで塗装しました。 上は通常の「ガンダムホワイト」、下はセットに入っている「ガンダムニューホワイト」です。 最後に「トップコート・つや消し」を吹いて、つやを整え完成。

Next

ガンダムマーカーEXを使って塗装してみました。

流し込みペンはアルコール溶剤が多めとなっており、モールド部分に軽くペンを当てるだけで毛細管現象によりインクが流れ込んでいく。 満足しています。 「時間をかけずササッと塗れてしまう」ため、 忙しい方や作業効率を上げたいモデラーさんに最適なガンダムマーカーに仕上がっていると思います。 ここもオリジナルでは前側が紫なので、マスキングして「ガンダムパープル」を吹いています。 新発売のガンダムマーカーEXは赤い帯のパッケージ こちらは従来のガンダムマーカー。 ガンダム塗装の際に、通常のカラーにプラスするだけでも雰囲気がガラリと変わります。 つまり、これまた初心者にはハードルが高いのである。

Next

リアルさ激変! ガンプラが手軽にカッコよくなる「マーカー塗料」

上が「ガンダムマーカー ガンダムホワイト」、下が「ガンダムマーカーEX ニューホワイト」 画像左が従来の「ガンダムホワイト」で、右が「ニューホワイト(ガンダムマーカーEX)」で 1回だけ塗ってみた状態です 2回塗ってみた状態。 )は完成度が高くプロポーションに秀でているものの、袖部分の色分けについてはすべてシールを使うガンプラになっています 色分けされていない部分がこちら キットでは袖部分のシールが付属しますが、 今回は「ガンダムマーカーEXニューホワイト」を使って実験したいと思います まずはキット付属のホイルシールを貼った状態のドライセンから このように、シールだと結構目立ちます 袖部分のシール チャチャっと「ガンダムマーカーEX ニューホワイト」で塗ってみた状態がこちら。 HGのドライセン(ユニコーンVer. しかし『ガンダム・センチネル』……とくにEx-Sガンダムを作るなら、ぜひやってみたい仕上げ。 タミヤ製「ウェザリングマスターB(スノー・スス・サビ)」 こちらも塗料を使った塗装のような煩わしさはなく、専用ツールを使って塗装面にこすりつけるだけで簡単にスス汚れが再現できる。 既にエアブラシ(コンプレッサー)を持っているのであれば、 スラスターなどワンポイントで使う程度の方が、よさそうな気がします。

Next

ガンダムマーカーEX シャインシルバー 比較

そのままでもかっこいいですが、武器や関節、モールド(溝)など、細かな部分にひと手間加えることで、リアリティのあるかっこいいガンプラにすることができます。 ここからはこのグラデーション塗装にチャレンジしてみましょう。 彫刻刀を裏向けにし、カンナがけをするように凹モールド内をスライドさせると合わせ目を処理できます。 全体が仕上がったところで、つや消しトップコートを上から吹いてガンダムマーカーによる作業は終了となる。 。 スプレーガンで塗装する方には物足りないと思います。

Next

素組みでガンプラ!ガンダムマーカーエアブラシシステムを使ってEx

上から『ガンダムシルバー』 『メタリックセットシルバー』 『シャインシルバー』 塗りつぶすとわかりやすいですね。 本来、枠内のパーツはほぼ全面に白いシールを使います 色合いは従来のガンダムシルバーから変化していますが、ニューホワイトほど劇的な変化はないように思えました 今回使用したガンプラでディスプレイ。 しかし、塗装前の下準備、塗っていくときの手順やコツ、より綺麗に仕上げるポイントを押さえていればスムーズに塗装できます。 次はメタリック系塗料を吹いてみましょう。 まずは説明書の表紙にある完成写真などにマジックなどで迷彩パターンを書き込み、迷彩形状を検討します。 マスキングテープを剥がしても1層目に塗った「ガンダムニューホワイト」の塗膜が剥がれず、塗料の模型への食いつきも良好。 必ず水性のトップコートを使用しましょう。

Next

【プラモ用】ガンダムマーカーEX「ニューホワイト」「シャインシルバー」発売決定 | fig速

エアを出す噴射ボタンも1段階しかないしエア圧を調整するネジなども無いので、調整としてはペンの位置と塗料をどのぐらいペンに充填するかで決まります。 その後マスキングテープを巻きつけます。 それにいくら多色成形のガンプラといっても、細部までカラーリングが再現されていないケースもあり、実在する兵器としてのリアルさを完成品に求めるならやはり塗装が必要となる。 使用するガンダムマーカー• ただし、トップコートを吹いてしまうと消しペンを使ってもガンダムマーカーを落とすことができなくなる。 うわさの検証がしたくて。 金額に関わらず別途決済手数料が一律 200円 税込 かかります。 そのガンダムシリーズに登場する人型のロボット兵器「モビルスーツ」や戦艦などを、パーツを組み合わせることで立体的に表現できるのが「ガンダムのプラモデル」=「ガンプラ」です。

Next

ガンダムマーカーで塗装!使い方とポイントを解説します!

だが、塗装する面積が大きかったため、ガンダムマーカーで塗って、つや消しトップコートを吹き、完成させてからガンダムマーカーで重ね塗り……という作業を4回ほど繰り返した。 キットが組み上がったら、モノアイレールやビームライフルなどの塗り分けが不十分な部分をガンダムマーカーで塗装する。 なのでガンダムメタブルーは軽く、コスモメタブルーの方が重い。 このようなボケ足はエアブラシでしか作れない塗装表現で、エアブラシの醍醐味の1つといえます。 また、ガンダムマーカーの中には被覆力が低くそのまま塗ると透けやすかったりムラになりやすい色も多いのですが、ガンダムマーカーエアブラシを使えば、こういった難点もカバー出来ます。

Next

ガンダムマーカーEXを使って塗装してみました。

新規登録・振込手数料も無料です。 ブルーに色変更したソールと濃淡2色のブルーでスプリッター迷彩を行った上半身が、色味的にもとてもマッチしています。 この部分はボディのフレーム・腰パーツと一体になっているので、一度「ガンダムニューホワイト」で白に塗装し、マスキングをしてから「ガンダムイエロー」を吹いています。 反射が強くてちゃんと見えてなかったです。 やり方は簡単でガンダムマーカーの太ペン先を使い、ペン先で軽くたたくように塗っていくだけだ。 振込手数料はお客様負担となります• 新しいキットでは、ほとんど塗装しなくても色分けされてるし、なんだか素組みしただけで満足してしまいますよね。

Next